沖縄で中華エンタメを盛り上げたい、「Asian天堂」のメンバーのブログです。
主に映画感想(中華圏以外もあり)とニュース、お知らせなどです。
RECOMMEND
エレクション~黒社会~
エレクション~黒社会~ (JUGEMレビュー »)

シブくてリアルで面白い!2も日本で公開して下さい…。
RECOMMEND
ブレイキング・ニュース
ブレイキング・ニュース (JUGEMレビュー »)

オープニングの銃撃シーンがすごい迫力です。
RECOMMEND
PTU
PTU (JUGEMレビュー »)

夜の香港のかっこよさにどっぷりとハマれます。
SPONSORED LINKS
Profile
Search this site.
MOBILE
qrcode
Others
<< 「おやすみ、くまちゃん」と「鉄の子カナヒル」 | main | 黒い眼のオペラ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
ヒロシマナガサキ
これは日系3世のスティーブン・オカザキ監督が25年の歳月をかけて完成させた渾身のドキュメンタリー映画である。14人の被爆者と、実際の爆撃に関与した4人のアメリカ人の証言を軸に、貴重な記録映像や資料を交えて描かれる。

あれから62年目の夏。
監督が「当時成人だった被爆者は亡くなっていることがほとんどで、幼すぎた被爆者は記憶が確かではない。結果的にティーンエージャーの若者の視点となっている」とインタビューで語っているように、証言する被爆者14人は当時10代から20代だった人達です。
本来なら一番楽しくて輝いているはずの時期に味わった恐怖と苦痛。家族や親族、友人、生活、青春を奪われただけでなく、その後の人生も大きな苦しみと哀しみの中で生きてきたのです。
冒頭の原宿でインタビューされる「1945年8月6日、何があったか」が答えられない若者だけじゃない。日本人みんながこの広島と長崎のことを知らなければならない。ずっと語り続けなければならないと思いました。
無関心と無知、そして風化していくことが何よりも恐ろしいことだからです。

証言をする被爆者の一人一人の、穏やかとも言えるような落ち着いた態度と語り口が何よりも心に残りました。この人達はこの世の地獄とも思えるようなものを見てきたはずなのに。(無知な自分がこんな言葉を使うのも憚られるけど)
だからこそ「こんな苦しみはわたしたちで充分」だという言葉が心に響くのだと思います。
| アメリカ | 22:13 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 22:13 | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック