沖縄で中華エンタメを盛り上げたい、「Asian天堂」のメンバーのブログです。
主に映画感想(中華圏以外もあり)とニュース、お知らせなどです。
RECOMMEND
エレクション~黒社会~
エレクション~黒社会~ (JUGEMレビュー »)

シブくてリアルで面白い!2も日本で公開して下さい…。
RECOMMEND
ブレイキング・ニュース
ブレイキング・ニュース (JUGEMレビュー »)

オープニングの銃撃シーンがすごい迫力です。
RECOMMEND
PTU
PTU (JUGEMレビュー »)

夜の香港のかっこよさにどっぷりとハマれます。
SPONSORED LINKS
Profile
Search this site.
MOBILE
qrcode
Others
<< 監督・ばんざい! | main | グアンタナモ、僕達が見た真実 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
善き人のためのソナタ
ベルリンの壁が崩壊する5年前の1984年、東西冷戦下の東ベルリンが舞台。国家保安省(シュタージ)局員のヴィースラーは、劇作家のドライマンと舞台女優である恋人のクリスタが反体制的であるという証拠をつかむよう命じられ、彼らの家に盗聴器をしかけて24時間監視をするのですが…。

今年のアカデミー賞で外国語映画賞を受賞したドイツ映画。
ベルリンの壁が崩壊する前に東ドイツの社会はどうなっていたのか。西側の人間が今まで知る事がなかったことを描いた、とても感動的な作品です。
現体制にまったく疑問をもたない国家の忠実な職員が、自分とはまったく異質な芸術家を監視することで新しい世界、自分に目覚めていく。それがひじょうに鮮やかに印象的に描かれます。
やることは仕事だけで家族もなく、新しくきれいだけど味気ない部屋で暮らしているヴィースラーが盗聴器を通して知るのは愛、自由、芸術。特に「これを本気で聞いた人間は悪人になれない」というソナタを聴いた時に涙した時から、彼は明らかに変わっていったのだと思います。

ただヴィースラーは体制にひたすら忠実だけで、どちらかといえば真面目で純粋な人間。それとは反対に、彼の上司達はどんな体制下にもきっといるだろう私利私欲に走るお偉いさんなので、この映画の中で起きる出来事は個人的な資質によるものに見えてしまう感じも少ししてしまいます。
最初の方でヴィースラーが学生達にする尋問の授業が、国家や体制を守るためには何でもやるし手段を選ばないという考え。そうすることで個人がどう踏みにじられるかを見せていてすごくいやな感じはしましたけれど。

きっとこんなことが実際にあったかどうかは疑問だけど、ラストはとても感動的です。ただ恋人のクリスタ(「マーサの幸せレシピの人」まるで別人!)はかわいそうでした。彼女はきっと自分を守ろうとしただけでなく、恋人を守ろうとしていただけなのに…。
| ヨーロッパ | 01:37 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 01:37 | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック