沖縄で中華エンタメを盛り上げたい、「Asian天堂」のメンバーのブログです。
主に映画感想(中華圏以外もあり)とニュース、お知らせなどです。
RECOMMEND
エレクション~黒社会~
エレクション~黒社会~ (JUGEMレビュー »)

シブくてリアルで面白い!2も日本で公開して下さい…。
RECOMMEND
ブレイキング・ニュース
ブレイキング・ニュース (JUGEMレビュー »)

オープニングの銃撃シーンがすごい迫力です。
RECOMMEND
PTU
PTU (JUGEMレビュー »)

夜の香港のかっこよさにどっぷりとハマれます。
SPONSORED LINKS
Profile
Search this site.
MOBILE
qrcode
Others
<< 迷子 | main | 楽日 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
ルワンダの涙
1994年に起きたルワンダ虐殺を、職業学校へ赴任した若い英国人教師ジョーの目を通して描いた作品です。
昨年、深く心に残った映画のひとつ「ホテル・ルワンダ」は、ワンダ人のホテル支配人の視点から人間ドラマとサスペンスを交えて描いていました。それとはまた違った形で、この忘れてはならない歴史を観る者に教えてくれます。
「ホテル・ルワンダ」でも出てきましたが、ここでより一層鮮明に分かるのは国連軍をはじめとした当時現地にいた白人は何もできずに本当に無力だったということ。それは当地にいた人だけでなく、この現状を知りもせず、また知らされることもなかった世界中の人々にいえることだと思いますが。

そんな中で若いジョーは死を恐れて国に逃げ帰り、人々に常に神の愛を説いていたクリストファー神父はこの地に残ります。
このクリストファー神父役のジョン・ハートの抑えた演技がよかったですねぇ。この人は「エイリアン」とか「エレファントマン」とか一風代わった役の多い個性派俳優ですが、それもイギリス人らしい確かな演技力に支えられているからでしょうね。

映画全体としても大げさになることなく、抑えた演出で事実を正面から誠実に描いていて好感が持てます。監督は「メンフィス・ベル」のマイケル・ケイトン=ジョーンズですが、個人的にはあの映画よりもずっとずっと好きです。
BBCの女性記者が自分の人種差別的な部分を認めるようなことを言う場面が印象的だったのと、しょっちゅう教会に来ていた議員が最初からちょっと不気味でしたが、最後はああ、やっぱり…という感じで恐かったです。
この映画も全編ルワンダで撮影したらしく、撮影クルーの中に当時の虐殺で生き残った人が何人もいたそうです。その人たちがエンド・クレジットで映し出されるんですが、それを見て少しだけホントに少しだけ(もちろんこの何千何万倍の人が亡くなっているので)よかったという気持ちになれました。
| ヨーロッパ | 00:56 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 00:56 | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック