沖縄で中華エンタメを盛り上げたい、「Asian天堂」のメンバーのブログです。
主に映画感想(中華圏以外もあり)とニュース、お知らせなどです。
RECOMMEND
エレクション~黒社会~
エレクション~黒社会~ (JUGEMレビュー »)

シブくてリアルで面白い!2も日本で公開して下さい…。
RECOMMEND
ブレイキング・ニュース
ブレイキング・ニュース (JUGEMレビュー »)

オープニングの銃撃シーンがすごい迫力です。
RECOMMEND
PTU
PTU (JUGEMレビュー »)

夜の香港のかっこよさにどっぷりとハマれます。
SPONSORED LINKS
Profile
Search this site.
MOBILE
qrcode
Others
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
イノセント・ボイス 12歳の戦場
これはとても衝撃的な映画でした。
「ホテル・ルワンダ」と同じように、無知で何も知らない平和な日本にいる自分が…。
恥ずかしいを通り越して悲しくなりました。

1980年、中米エルサルバドルでは政府軍と、貧しい農民で組織された反政府軍FMLNとの内線が激化しています。
政府軍とFMLNとがにらみ合う村ではほぼ毎晩といっていいほど、村人も巻き込んで激しい戦闘が起きています。
この村で育つ少年チャバがこの映画の主人公。もうすぐ12歳になるチャバに残された子供時代はあとわずかです。なぜなら12歳になった少年を政府軍が無理矢理に徴兵していくから…。

どうしてたった12歳の子供が、自分の誕生日をあんなに悲しい気持ちで迎えなければならないんだろう。
家族や友達が開いてくれるささやかなパーティーで、ケーキに飾られた11本のろうそく(1本はおばあちゃんが抜いてしまった)を見て駆け出していってしまうチャバ。
お父さんがいないから、お母さんとお姉さん、幼い弟を懸命に守ろうとするチャバ。
紙でできたホタルで、友達や好きな女の子と楽しそうに遊ぶチャバ。

そうした日常と対称的に、いきなり、ホントにいきなり昼も夜も関係なく、子供達が学んでいる学校だろうと食事をしている時だろうと、突然はじまる戦闘が迫力があって恐ろしいです。
戦闘シーンのあの迫力はカメラ・ワークの巧みさにもよるものだと思いますが、ジャングルや学校といった空間を利用した戦闘シーンは緊張感と臨場感が現実的で…もし自分があの場にいたらと思わせてほんとに怖い…。

この映画は原作・脚本のオスカー・トレスの少年時代の記憶をもとにしているらしいですが、映画化にこぎつけられたことがほんとに素晴らしい。タランティーノの盟友ローレンス・ベンダーがプロデューサーのひとりになっていますが、こういういい仕事をちゃんとやってるんだなぁと感心しました。

映画の中で言及されていますが、米国はこの内線の時に政府軍に武器の提供と戦闘員の訓練をしています。
ここで子供達が一番の犠牲者になったように、つねに弱い方へ弱い方へとしわ寄せが行く世界…怒りというよりも悲しくなります。
ああ、もう一度「バトル7」が観たくなったかもしれない…。。。
| 中南米 | 00:22 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
タブロイド
エクアドル=メキシコ合作映画。
南米の映画が面白いのは、その国や社会が抱える問題をきっちりと描きつつ、エンタテイメントとしても楽しめる作品になっているところだと思います。
エクアドルの新人監督の、これもそんな映画のひとつ。

マイアミのTV局の人気レポーターであるマノロは、エクアドルの連続殺人鬼“モンスター”を取材しています。
犠牲者の少年の葬儀を取材している途中でマノロと番組クルーは、少年の双子の弟が道に飛び出して交通事故に遭い、車を運転していた男ビニシオが殺気立った住民達や少年の父親からリンチにあう場面に遭遇します。
その一部始終を放送して高視聴率を得たマノロ達は、さらに取材をしようと、翌日刑務所にビニシオを訪ねます。
昨夜の番組を見たビニシオは、マノロに「自分が釈放されるために取材をして番組を放送してほしい。その代わりに“モンスター”の情報を提供する」と持ちかけます。聖書販売で国中をまわっている時に、彼は“モンスター”と出会い話を聞いたというのです…。

虚虚実実。
ビニシオの話は本当なのか嘘なのか。彼は“モンスター”ではないのか。そうでないとしたら“モンスター”とははたして誰なのか。
マノロがビニシオをインタビューする度ごとにそんな疑問が深まっていきます。
あまりにも“モンスター”のことを知りすぎているような気がするビニシオを怪しくも思う。でも家族を大事にしていて近所でも評判がよく、真面目そうで信心深いビニシオはそんな人間ではないような気もします。

この映画にはそんな連続殺人鬼探しのサイコ・サスペンス的な要素ともうひとつ、ジャーナリズムとは何なのか?というテーマを取り上げているように思えます。
マノロ達の行動を見ていると、スクープを手にするためには何をしてもいいのか、という気持ちになります。
ビニシオのことを取り上げたおかげで高視聴率を獲得し、マノロは英雄扱いされますが、はたしてそれがマノロ達にとってもよかったのでしょうか。
彼らはジャーナリストの資格を自ら放棄してしまったとも言えるかもしれない…。
あの結末とともに釈然としない気持ちが残りますが、それだけにとても考えさせられます。

それとふたりの息子を続けざまに失った父親が、何も聞かずに無抵抗のビニシオを集団リンチ状態にしてしまうのは、確かに見ていて痛々しいひどい場面なのですが…。
最近、子供が犠牲になる犯罪が多いですよね。
そういう報道をいくつも見せられると、被害者の家族がこんな行動に出てしまうのももしかしたら仕方ないかもしれない…とちょっと思わされました。
日本ではなかなかこんなことはないと思いますけれど…。

この映画の原題「Cronicas」は記録するという意味ですが、英語タイトルは「If It's On TV,It Must Be The Truth」といいます。内容からするとちょっと皮肉のような感じです。
邦題の「タブロイド」は扇情的な大衆紙のこと。これもテーマに合ったなかなか上手いタイトルだと思います。
| 中南米 | 01:04 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
僕と未来とブエノスアイレス
3月も観たい映画が目白押しで嬉しい。でもその分スケジュール調整がちょっと大変です。。。

まずは「僕と未来とブエノスアイレス」。
ブラジル、キューバときて今度はアルゼンチン。ラテン・ムービーが続きます。
30歳になろうというのにお母さんの下着屋さんを手伝いながら、のらくら生活している主人公アリエルはヨーロッパに移住したくて、ユダヤ系ポーランド人の祖父母の証明書を使って、ポーランドのパスポートを手に入れようとしています。

彼の(お母さんの)店はガレリアと呼ばれる古いアーケードのような商店街にあって、周りには古くからの商売仲間である個性的な人々が軒を並べています。
自分の街ブエノスアイレスを愛しているけど、仕事にも生活にも満足できない今の状況から抜け出したいアリエル。

彼と幼い頃にイスラエルに行ってしまったお父さんを中心に、家族やガレリアの人々の生活をユーモラスに描きながら、アルゼンチン社会や歴史について少し考えさせられる映画です。

南米のヨーロッパと呼ばれる美しい街並みのブエノスアイレス。
以前から作家のボルヘスやアストル・ピアソラが好きだったこともあって、南米の中でも一番行ってみたい国です。でもアリエルがポーランドについて何も知らなかったように、わたしもアルゼンチンのことについて全然知識ないなぁと再確認しました。

自分の知らない場所、縁のなかった事柄や人に触れられること。これが映画を観る面白さのひとつでもあるなぁと思います。
| 中南米 | 14:42 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
シティ・オブ・ゴッド
公開されたときに評判が良かったので気になる1本だったのですが、まだ観ていなかったのです。
というわけでかなり期待していたのですが、これがやっぱり噂に違わずなかなか衝撃の傑作でした。

オープニングの、鶏が逃げるところから緊迫感がすごいんですよね。
食べられそうな鶏にすっかり感情移入しちゃって、観ているこっちもドキドキなんですよ。それでそのうちに今度は主人公ブスカペの視点に移っていくのですが、音楽といいカメラといいすごい緊迫感だし、かっこいい。
大好きな「レザボア・ドッグス」もそうなんですが、オープニングが素晴らしい映画って絶対に面白い!とそれだけで確信できます。

ブラジルはリオ・デ・ジャネイロのスラム街「シティ・オブ・ゴッド」の1960年代からの日々が、カメラマン志望のブスカペの視点で語られます。
この「シティ・オブ・ゴッド」の日常、日本では想像も出来ないぐらい凄まじいものです。
出てくるギャング達はみな10代の若者、どころか小学生ぐらいの子供たちもたくさんいます。彼らの周りには貧困と犯罪と暴力、そして死があふれています。
そういったブラジル社会の問題を分かりやすく、しかもエンターテイメントに昇華しているのが素晴らしいです。
それと音楽もかっこいい。ラテン・ミュージックだけでなくジェームス・ブラウンなどのソウル、ファンク、ロックも流れて時代性を感じさせます。
暴力描写がかなりキツイので万人向けではないかもしれませんが、わたしは気に入りました。

しかしこの前の「自転車で行こう」もだけど、出てくる人達の逞しさと人々の絆の深さが非常に印象的な映画でした。
それとエンド・クレジットのシーンで知ったのですが、これって実話を基にしているみたいですね。実在のニュス映像もあったし。
それがさらにさらに衝撃でした。。。
| 中南米 | 21:34 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ