沖縄で中華エンタメを盛り上げたい、「Asian天堂」のメンバーのブログです。
主に映画感想(中華圏以外もあり)とニュース、お知らせなどです。
RECOMMEND
エレクション~黒社会~
エレクション~黒社会~ (JUGEMレビュー »)

シブくてリアルで面白い!2も日本で公開して下さい…。
RECOMMEND
ブレイキング・ニュース
ブレイキング・ニュース (JUGEMレビュー »)

オープニングの銃撃シーンがすごい迫力です。
RECOMMEND
PTU
PTU (JUGEMレビュー »)

夜の香港のかっこよさにどっぷりとハマれます。
SPONSORED LINKS
Profile
Search this site.
MOBILE
qrcode
Others
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
黒い眼のオペラ
蔡明亮の映画が一年のうちに3本も観られるなんてすごいことです。おそろしいことです。
今回の舞台は監督の故郷であるマレーシア。
無一文なのに路上で怪し気な賭けに巻き込まれたシャオカンは、男達に袋だたきにあって道路に行き倒れる。それを助けた労働者の青年ラワンは、自分の部屋に連れて行って懸命にシャオカンの看病をする。
近くの小さな中華料理屋で働くシャンチーは、女主人の寝たきりの息子(李康生2役)を看病している。

黙々と彼の歯を磨き、頭を洗ってやるシャンチーは、疲れて店の2階の狭い部屋で眠ります。
不器用な手つきで、ビニール袋に入ったジュースを氷嚢がわりにシャオカンの頭に何とか乗せてやろうとするラワン。
どこから来たのかも分からず死にそうになり、元気になってもどこにも行くあてもなく町を彷徨っているシャオカン。
蔡明亮の映画の人物たちは、相変わらず寡黙で孤独。シャオカンとシャンチーは全然、ひと言もしゃべらない。愛なんか語らずにいきなり動作と行為だけがある。そこにはスクリーン越しにも強く感じられる感情があるだけです。
そして人との関わりを避けているように見えながら、実はずっと愛を求め続けています。
だってこの映画の英語タイトルは「I don't want to sleep alone」。
わたしにはシャオカンの世話をするラワンとシャンチーが、どうにも表裏一体というかダブって見えてしょうがなかったです。そして2人のシャオカンはきっと同じ人物なのでしょう。
だからあの優しく穏やかなラストシーンに結びつくんだろうなぁと思いました。

廃墟に出来た池のような巨大な水たまりが黒い眼というのはなんとなく感じられるけれど、何度も出てくるあの重そうで汚そうなマットレスの意味はさすがに解説を読むまでは分からなかったなぁ。
東南アジアを旅したことがある人は感じられると思うけど、あの狭苦しい汚い路地にある小さな建物。小さくて虫がたくさん出てきそうなお世辞にも清潔といえない部屋。虫と言えば巨大な蛾!水が流しっぱなしのトイレに風呂場。屋台の食堂のほこりっぽそうなテーブルや食器。めちゃくちゃリアルでした。
ああ、あの途中で流れる「アイヤー」っていうインド映画の主題歌が頭から離れません…。
| 香港&中華圏 | 00:14 | comments(15) | trackbacks(0) | このページのトップへ
悲情城市
ついついこの間観た「傷だらけの男たち」と脳内比較してしまうからだろうけど、トニー・レオンがめちゃくちゃ若いです。そして若いトニーもやはり上手い。台湾語が話せないトニーのために候孝賢監督が口の利けない四男役を考えてくれたそうだけど、これって目で演技をするトニーにはぴったりの役ですね。あれに惚れない女はいないだろうーって感じで、母性本能くすぐりまくりです。
映画の中でトニーが住んでいた九[*フェン]という町は、映画公開後にとても有名な観光地になっています。残念ながらわたしは行ったことがないけれど…。(*にんべん+分)

第二次世界大戦が終わった1945年からの台湾激動の時代。トニー演じる四男文清をはじめとする林家の一族の物語です。アンゲロプロスの映画を観た時にも感じたけど、自分でも本当に世界の近代史を知らないなぁと思います。あんなに近くて親しみがあってしかも2度行ったこともある台湾の歴史についても、本当によく知らないです。台湾には本省人と外省人と呼ばれる人たちがいて、複雑な歴史があって…というのも最近知ったことだし。

候孝賢はこの映画で、そういった歴史的なことを背景に、普遍的な家族の愛情や葛藤や若者の理想や挫折をアジア的情緒たっぷりに見せてくれます。
林家の人々とそれを取り巻く状況がそれぞれなかなか興味深いんですが、老いてもなお家をまとめているお父さん役の李天祿がすごく印象的。李天祿は“布袋戯(ぽてひ)”という人形劇の名人で、候孝賢はこの後「戯夢人生」というこの人の人生を振り返るような映画を撮っています。それもかなり面白かったなぁ。
| 香港&中華圏 | 01:01 | comments(1) | trackbacks(0) | このページのトップへ
傷だらけの男たち
金城武演じるポンは恋人の死によるショックで刑事を辞め、飲めない酒におぼれる私立探偵になっています。一方かつての上司であるヘイ(トニー・レオン)は億万長者の実業家チャウの娘と結婚し、順風満帆の生活を送っています。ある日、チャウが自宅で何者かに惨殺されるという事件が起こり…。すぐに盗まれた金品と犯人らしき人物の死体が発見され、単純な強盗殺人として解決するかに思えたが、いくつもの不可解な点に疑問をもった娘スクツァンはポンに捜査協力を依頼して、事件の謎を調べるうちに思いもよらぬ真実と、過去の悲しい出来事が明らかになっていきます。

「インファナル・アフェア」に比べるとちょっと地味な感じ。でも最初のクリスマスの日の捜査シーンは素晴らしい。緊張感があってかっこよくて、このカメラと編集と音楽の使い方の上手さはさすがだなぁと思います。
前半にいくつかあるヘイのモノローグは必要だったのかな?これってもしかしたらトニーと金城武共演ってことで王家衛へのオマージュなんだろうか?と思いました。(きっと違う)

観る前からあちらこちらで聞いていましたが、やっぱりトニーが素晴らしいです。最初の方からいかにも内面に何かありそうな怪しい感じで、でも表面は冷静で優秀なエリートでよき夫。さすがにちょっと年をとったなぁとは思うけれど、やっぱりかっこいい。後半のポンと話すいくつかのシーン、もう完璧にトニーの一人舞台です。
金城武はいつ見てもハンサムだなぁと思うしかっこいいです。でもやっぱりなぁ…トニーと並ぶとまだまだ!って感じになってしまうのはしょうがないでしょうね。あと広東語の発音がなんかちょっと違和感があったんだけど…ひさしぶりだから?

スクツァン役のシュー・ジンレイは雰囲気がなんとなくサラ・ポーリーっぽかったなぁ。もしかして監督もやる人って聞いたからかもしれないけど。繊細で透明感のある風情がちょっと共通するような気がします。
最後の方はヘイもだけどスクツァンがものすごくかわいそうだった。あの人はどの辺りから真実を知ってたんだろうとか、それを知った時どんな気持ちだったんだろうとか、観終わった後もそこら辺が気になって心に残りました。
「インファナル・アフェア」と比べると出来はいまひとつかもしれないけど、個人的にはけっこう印象的。嫌いじゃない映画です。
| 香港&中華圏 | 00:34 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
エレクション
待ってました!トー先生!
もうもうどれぐらい待ってたかももう忘れてしまったけど、「エレクション」の公開を首を長くして待ってましたよ。もうすぐDVDも出るし、もしかしたらDVDかなと少し諦めてたけど、これを劇場で観ることができてホントによかったです。

香港黒社会で最大の組織の会長選挙。最高権力を握るために手段も方法も選ばない男達の壮絶な闘いが、101分の中にびっしりとつまっています。
年長者を敬い、人望厚く、冷静沈着なロク役のサイモン・ヤムの渋さ。
派手好き荒事好き、気性も荒いディー役、レオン・カーファイの見せる単純男の可愛さ。
2人の次の世代であるジミー役のルイス・クーは一瞬もニコリともしないクールさで、「プロジェクトBB」と同一人物とは思えないです。
脇にはもちろんトー組常連のラム・シュー、ニック・チョン、チョン・シウファイ、ラム・カートン、マギー・シュウ…みんな気心の知れた人ばっかりで、さすがキャラクターもぴったりなんですよねぇ。

ハードボイルドなのにニヤリと笑えるようなおかしさもいっぱいあります。
ニック・チョンが食器を砕いて食べるところとか、ラム・シューとラム・カートンの携帯電話の場面とか、普通こういう映画にこんなシーン入れるかなぁ?と思います。そのおかしさがなんとなくリアル。
幹部達が会長選について話しているシーン。さっきまで言い争いをしていたのに、ウォン・ティンラムにお茶を飲めと言われてみんな無言で黙々とお茶を飲むシーンの間とカメラの動きが好き。というか好きなシーンが多すぎる…。
演出も演技もすごく抑制されていて、おおげさなところはないのに(だからこそ?)人間の業が轟々とあふれ出てくるような雰囲気。

ラストもちょっと衝撃だし、サスペンスとしてもアクションとしても、これはかなりすごい映画だと思います。しかもかっこ良すぎたり、オシャレすぎだったりしないところがいいんだよなぁ。
あーもう。2が観たい!早く観たい!
でもこれが当たらなかったみたいだから、やっぱり2は日本では公開されないのかなぁ。。。
| 香港&中華圏 | 01:10 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
孔雀
1977年、文化大革命が終わった後の中国の地方都市。知的障害のある長男を溺愛する両親と、それに不満があり早く家を、というよりもこの町を出て行きたいと思っている長女と次男、5人家族の物語。
どんな時でも家族がそろって廊下に出してある丸テーブルで食卓を囲む。それが象徴的に何度も映画の中に出てきます。きっと現在の中国ではこういった光景は、あまり見られなくなっているんじゃないでしょうか。日本で昭和30年代が懐かしがられるように、きっとこの時代は中国人のノスタルジーの象徴なのかもしれません。

個人的にはあまり思いいれできる登場人物がいなくてイマイチかなぁという感じでしたが、社会的には虐げられそうな長男とその奥さんが実は一番たくましくて、しっかり生きているのがいいなと思いました。
監督はたぶん意図してやっていると思うんだけど、3人兄弟の話がそれぞれ個別に分けて語られるので、そこがちょっと感情移入しにくい原因かもなぁとも思います。
監督は撮影監督出身らしく映像はきれいですし、長女が自転車にお手製のパラシュートをつけて走るところとかけっこう印象的なシーンもあるんですけどね。
| 香港&中華圏 | 00:20 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
プロジェクトBB
ハラハラドキドキする肉体を使ったアクション、笑えてちょっとホロリとさせて、最後は大団円。まさに成龍映画!という感じで、これは本当に面白かったです。

盗みはしても悪事はしないというポリシーの泥棒三人組が、金に困ってつい手を出してしまったヤバイ仕事。それは大富豪の赤ん坊を誘拐するということでした…!
この映画は「家族の絆」という大きなテーマが全体を貫いていて、主役の三人組だけでなく赤ん坊が盗まれる背景にもそれがちゃんと生かされています。最初に出てくるテレンス・インのアブナさとあのお父さん。この親にしてこの子ありって感じで、ちゃんとスジが通ってるんですよねー。

もちろんジャッキーのすごいアクションを中心にした映画ではあるんだけど、ワンマンショーではなくて仲間二人をはじめとして、キャラクターがしっかり面白いところもよいです。特に古天樂はちゃんと笑いも取れるし(オカマの真似が上手い!)、アクションもがんばってます。前日に「Mr.Boo」を観たので、マイケル・ホイが老けたなぁと思ったけれど、お金にセコいキャラクターが共通してて笑えました。ちゃんと見せ場も用意されてるしね。見せ場といえばユン・ピョウ!きっちりアクション・シーンがありました。ジャッキーとのシーンなんてやっぱりさすが、って感じなんですよね。いつも着ぐるみを着てるシャーリン・チョイもおかしくて可愛いし。
しかもその上あの赤ちゃんが最高に可愛いときてるから、キャスティングとしてはもう最高!って感じでした。
チラっと出てくるニコラスとダニエルもおかしいし(BBMときたか!)、ジョニー・トー組常連のホイ・シウホンとかトニー・ホーがさりげなく出てるのも、あ、こんな人がこんなところにと思えて楽しいです。

さすがジャッキー。ものすごい王道の香港娯楽映画でした、ホントに。
いいところに大陸の俳優も出演していて、ちゃんと中国マーケットに対応しているところもさすがです。しかも大陸の人相手の時はジャッキーはちゃんと北京語を使ってるしね。マイケル・ホイがいつでも広東語なのはご愛嬌。。。
| 香港&中華圏 | 22:35 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
百年恋歌
なんとなくひさしぶりに観たよな気がする候孝賢監督作品。
英語のタイトル“Three Times”が示すように1911年、1966年そして2005年の三つのラブ・ストーリーにわかれています。三編とも女を演じるのは舒淇、男は張震。

1966年、「恋愛の夢」。兵役を控えた若者が、高雄のビリヤード場で働く女性と出会った。恋に落ちた彼は、休暇中にそのビリヤード場に戻ってくるが、彼女の姿はない。若者は彼女を探しにバスに乗る。
1911年、「自由の夢」。遊郭に通う若い文士と芸妓の間に流れる穏やかな想い。革命という自由を夢見る男と、籠から解き放たれて男との未来を夢見る女。
2005年、「青春の夢」。カメラマンと歌手の出会い、惹かれあう二人だが、それぞれに恋人が…。孤独で刹那的で不安定な今を生きる若者たちの愛。

三編ともに共通することなんですが、どれもみな美男美女の繊細な恋愛話。なんか色んな意味できれいでいいなぁと思う。
手紙に書く常套句なのかもしれないけど「永遠美麗」なんて書いてもキマるのは、張震みたいな美男だからだよなぁ。
だからかもしれないけど、それほど親近感を感じることはなくて、客観的にさらっと観れてしまいます。もちろん完成度はとても高いです。
そういうふうに観ると、映像的にも最も美しくて、しかもサイレントなので雰囲気たっぷりな1911年のストーリーが一番好きかもしれない。

それにしても候孝賢という人の映画はつくづく日本的だなぁと思います。
小津監督の影響をとても受けているからかもしれないけど、ありふれた出来事を繊細に描写していくのは、かつての日本映画の得意とした世界なのではないでしょうか。
こういう映画を撮る人がこれから日本にもまた出てくるでしょうかねぇ。
| 香港&中華圏 | 01:13 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
楽日
蔡明亮(&李康生)月間の最後です。
映画館にまつわる映画・映画にまつわる映画は大好きな根っからの映画オタクなので、個人的にはこの作品を一番楽しみにしていました

舞台となったのは、台北に実在する古い映画館「福和大戯院」。その劇場が閉館すると聞いて、半年間ここを借り受けることにした蔡明亮監督。そしてこの閉館する映画館の巨大なスクリーンに最もふさわしい映画としてキン・フー監督の武侠映画の傑作「龍門客棧」の上映許可を得、その映画の主演男優である石雋と苗天に出演を依頼しました。

「龍門客棧」が延々と映し出されるスクリーン。
何段もある広い客席にはまばらな観客。その中には「龍門客棧」に出演した石雋と苗天もいて、映画と自分達のかつての輝きを見守っています。
石雋は言います。「今はもう誰も映画を観ない」「誰も自分達に気づかない」かつてはこの映画館も満員の観客で埋まっていたのに。ありし日の幻が見えます。
映画館の中の迷路のような通路や荷物置き場、古びた通路ですれ違う男達。言葉はかわさずにただ視線と態度だけでコミュニケートする彼らはどこか奇妙で滑稽で怪しい雰囲気に満ちています。そんな彼らに誘われるように人でないものも現れたりします。
足が不自由な受付の女性は、桃饅頭の半分をひとり黙々と仕事をする映写技師に届けます。しばらく後に見に行って、まだ食べられていない桃饅頭をそっと引き上げてくる彼女の気持ちがいじらしい。
彼女は映写技師がバイクで出ていくのを見送ってどしゃぶりの中を帰っていきます。家にたどりついたらそこには、蒸し器に残された饅頭を見てあわてて出て行った彼がきっと待っていると思いたいのです。

最後の上映が終わってがらんとした客席が映し出される時、映画館は宇宙だと、映画とそして映画館を愛するわたしたちはやっぱりそう思ってしまうことでしょう。
この映画の原題は「不散」。李康生が監督した「迷子」の原題は「不見」で、合わせると「不見不散」。またきっといつか会おうという意味です。
| 香港&中華圏 | 21:46 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
迷子
蔡明亮監督の作品の主演俳優である李康生の初監督作です。
公園でトイレに入っている間にいなくなってしまった3歳の孫を必死で探すおばあさん。
学校をサボってゲームセンターに入りびたっている中学生の男の子。
映画はこのふたりを交互に淡々と映していきます。
中学生はおじいさんとふたり暮らしなんだけど、すっかり日も暮れてから家に帰ると、そのおじいさんの姿が見えなくなっています。
さすがにビビっておじいさんを探しに外へ出て、公園をグルグル回っても見つからない。
彼があきらめたように工事現場の池のほとりに座り込むと、そこへ一日中孫を探して疲れ果てたおばあさんが来て隣へ座り込みます。
言葉はないけれど、なんとなく奇妙な親近感と連帯感が感じられる雰囲気。
すると、池を取り巻く壁の外側を大きな影と小さな影が、手をつないで歩いていきます。

ありふれた日常にちょっとだけ起きたさざ波のようなものを淡々と描いています。
人物達をクロースアップではなく、ちょっと距離を置いて撮っているので、感情を移入して観るというより観察する感じです。
おばあさんが迷子を探すシーンなんて、芝居としてやっているのではなく実際にあったことのようでした。
リアルというか、実際にこういうおばあさんっていそうです。周囲の人や警察のリアクションやものすごく自然でした。
李康生は、もしかしたらドキュメンタリー的な映画を撮ろうとしたのではないかなと思います。
そういえば映画の中では、テレビやラジオから聞こえる以外の音楽ってぜんぜん流れなかったような気がする。

家族に責められるのを心配して誰にも言えず、死んだ旦那さんのお墓に行ってしまうおばあさん。
おじいさんが買ってきた朝食を公園に捨てて、ゲームセンターでファーストフードやインスタントラーメンを食べる中学生。
そこでの彼の友だちらしいホームレスの男は突然苦しんで、道端に倒れます。
病気を心配してるのか、SARSのことが載った新聞をビリビリに破いて大量に撒き散らすおじいさん。
蔡明亮の作品と同じように出てくる人はみんな孤独。周囲とのつながりを拒否しているのか、どうしてもそうなってしまうのか分からないけど…。
ただラストはちょっとだけ希望が感じられる終わり方だったと思います。
ホントにちょっとしたことで(いい方にも悪い方にも)変わっていく、変わっていける。それが人間だよなぁと思います。
| 香港&中華圏 | 00:59 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
西瓜
次々と刺激的な作品を生み出し続ける、台湾の蔡明亮監督の超問題作です。
なにしろ映画の1/3はAVの撮影シーン。1/3はミュージカル・シーン。残りのストーリーぽいところはほとんど会話がなくセリフがひと言ですから。
まぁそれでも、一応あらすじらしきものはあります。
水不足が続く台湾の街。海外から帰国したシャンチーは昔、路上で腕時計を買ったことがあるシャオカンと再会し、互いに心ひかれるものを感じる。実はシャオカンは今はAV男優として働いていて、シャンチーにバレないように懸命になるが、そのAVの撮影場所はシャンチーの住むマンションだった…。
これ、以前に観た「ふたつの時、ふたりの時間」の続編というか同じキャラクターなんですね。シャンチーの唯一のセリフ「今でも時計を売ってるの?」でああ!と思いました。確かにあの時シャオカンは歩道橋で時計を売っていました。

面白いなと思ったのは、シャオカンはAV男優なのでいろんな人とセックスするんですけど、けしてシャンチーとはしないんですね。
この監督の作品は人物たちの“思い”と“距離”が複雑というか独特なんですけど、今回は“肉体”というものが今まで以上に全面に出ていたので、特に鮮烈でした。会話が全くないというのも、その雰囲気を高めていましたし。
孤独なふたりの独特な距離感。これがなんとなくこう気持ちいいんですね。そして確かにお互いを求め合っているのに、交わらない埋まらないものへの渇望みたいなものを強く感じました。
だからラストはかなり強烈なシーンなんですが、あれってある意味ハッピーエンドかもしれない…。

個人的にはAVのシーンよりも突然出てくるミュージカル・シーンに圧倒されました。
ホント、いきなり出てくるんだ、あれが。
ゴージャスというかキッチュというかド派手というか、なんだかものすごいインパクトなんです。
特にトイレのやつが強烈!あそこまでいくともう笑うしかないって感じでした。
曲は白光(バイ・グァン)とか葛蘭(グォ・ラン)といった昔の上海歌謡の歌手の曲だったりして、まさに典型的なラブソングなんですけど、きっとこの辺りも意図してるんだろうなぁ。

それにしても主演のリー・カンションもチェン・シャンチーもだけど、「深海-Blue Cha-Cha」にも出てたルー・イーチンとかもエラいなぁ。あの役…とついつい思ってしまう。
ひとり日本のAV女優さんが出ているんですが、この人もすごかった。後半ずっと気絶したまま…ってほんとにスゴイです。
| 香港&中華圏 | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ